トピック

「メガネ・コンタクトレンズ相談室」を開設

みなもと眼科外来診療施設に隣接した「メガネ・コンタクトレンズ相談室」を開設しました。

従来から、治療の一環としてメガネをかけることが必要な小さなお子さんや、白内障の手術後の患者さんの便宜を図るために、診療スペースの一画でメガネを調製してまいりました。ただ、スペースの関係上少しの種類しか置くことができず、患者さんのご要望に充分お応えできておりませんでした。新しく設けた相談室では、スペースが広くなった分、より多くのフレームからお選びいただけるようになっております。

子供用のフレームは、治療上メガネをかけることが必要となる小さなお子さんの、メガネをかけることへの心理的抵抗を少しでも除けるように、できればメガネをかけることが楽しくなるようにと考えて揃えております。
特に小さなお子さんのためのつるの長いものや、スポーツに適した軽量のものなどもありますので、スタッフにご相談ください。
もちろん子供用だけでなく、白内障手術後の患者さん用のものも多数揃えております。どうぞご高覧下さい。

また、度数が変わりやすいお子さんや手術後の患者さんの為、当相談室で交付したメガネのレンズの度数交換は1年間何度でも無料で行います。
お気軽にご相談ください。

あわせて、いままで処方箋(指示書)の発行のみを行っていたコンタクトレンズに関しても、当院でレンズを交付できる体制を整えました。ご希望の方は、医師・スタッフにお気軽にお尋ねください。

なお、当相談室は、厚生労働省の事務連絡に従って、あくまで当診療所の患者さんの便宜を図るためのものですので、相談室をご利用の際は必ずみなもと眼科での受診が必要となります。メガネ・コンタクトレンズの交付やメガネのレンズ交換を希望される際は、必ずみなもと眼科発行の処方箋を相談室までお持ちください。

当相談室が皆様のお役に立てるよう、スタッフ一同研鑽してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

みなもと眼科

  • メガネ・コンタクトレンズ相談室
  • メガネ・コンタクトレンズ相談室
  • メガネ・コンタクトレンズ相談室

YMCA国際幼児園の皆さんの眼科検診

[2013年4月12日]
YMCA国際幼児園に通園中の皆さんが、社会見学と眼科検診を兼ねて来院されました。

眼科検診

[2014年2月27日]
2014年もYMCA国際幼児園皆さんの見学・眼科検診を行いました。

  • YMCA2014-1
  • YMCA2014-2
  • YMCA2014-3

[2015年3月12日]
YMCA国際幼児園皆さんの見学・眼科検診も3年目となりました。

  • YMCA2015-1
  • YMCA2015-2

IAEA 放射線白内障調査

[2011年5月6-7日]
院長は、IAEA(国際原子力機関)の依頼を受け、Interventional Cardiologist (心血管インターベンション医療の従事者)の放射線白内障調査(RELID = Retrospective Evaluation of Lens Injuries and Dose)に協力するため、クアラルンプール(マレーシア)に出掛けてきました。 現地の心臓病学会(18th Asian Pacific Congress of Cardiology、May 5-8, 2011)に合わせて調査が実施されました。

RELIDに関してはこちら↓
https://rpop.iaea.org/rpop/rpop/content/news/relid-cataract-study.htm

写真01

上が調査担当チームのメンバーです。写真向かって右から2人目が皆本院長。向かって左側がIAEAのRadiation Protection(放射線防護)部門のトップである、Mr. Madan Mohan Rehani、向かって右側がマレーシア政府の担当者である、Ms. Pirunthavany Muthuvelu、他は現地の眼科医、ナース、オプトメトリスト達です。

写真02

調査結果は、「Cardiology」誌に報告されています。↓
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23128776